インプラント手術受ける際に知っておくこと

健康な自分の歯をいつまでも使えることが理想ですが、虫歯や歯槽膿漏や歯周病で歯を抜かなくてはならないことがあります。そのときに、入れ歯にするか、インプラントにするか、治療の選択肢があります。インプラント手術を受けるときは、まず、ドリルで歯の骨を削り、そこに人口の歯の根っこになるネジのようなものをあごの骨に埋め込みます。このネジがあごの骨としっかり結合するまで数ヶ月~半年ほど待ちます。この時点では、仮の歯を入れておきます。ネジとあごの骨がしっかり結合したら、アバットメントと呼ばれる歯を固定する部分をネジにつけます。そしてそのネジを土台にして人口の歯を入れます。別名、人工歯根とも呼ばれます。また、失った歯の代わりとなる第二の永久歯ともいえます。この手術の良い点は、まずは見た目が良いことです。自分の歯とほとんど同じように見えるので、違和感がありません。そして、力強く噛むことができるため他の自分の歯と同じようにものを噛むことができます。また、他の治療法と違い、健康な歯を削る必要がないことも良い点のひとつです。ブリッジなどの治療法では隣接する健康な歯を削らないといけません。しかし、誰でもインプラントができるとは限らないのです。たとえば骨の量が少ない人は骨にネジを入れることができないためインプラントの手術を受けることができません。そのため、手術を考えている場合は検査が必要になります。また、手術ですので麻酔も必要ですし体への負担がかかることもあります。そして、治療期間が半年程度と長いため、時間がかかることも考慮に入れなくてはいけません。


インプラント手術を受ける際に考えなくてはいけないことは、治療費です。他の虫歯治療とは違い、自費治療となります。治療費は歯科医院にもより料金設定が異なり、地域によって多少の差がありますが、一般的には1本が40万円前後で30万円~50万円程度と考えればよいです。治療費は歯の状態や口内の状態によって変わってきます。たとえば、骨の量が少ない場合は、その骨を作る手術を受けなくてはならない場合があります。その手術はさらに100万円近くかかる場合があります。普通でもレントゲンやCTスキャンを撮ったりするのに数万円がかかります。ただし、医療費控除という制度もあるので知っておく必要があります。医療費控除とは、年間に10万円以上の医療費を支払った場合、一定の金額が所得税から控除されるというものです。ですので、インプラントの料金を全額自分で負担しなくてはいけないということではありませんが。それでも自己負担する費用は決して安くはありません。その他にも、手術後に年に数回歯科医院に通う必要がありますので、また費用がかかります。この費用はだいたい1回の通院で3000円から1万円程度かかります。メリットがたくさんある治療法で他の治療法と違って大変魅力的ですが、治療費が相当かかることを念頭に置かないといけません。人によって料金も大きく変わりますし、治療期間も長く手術をすることを考えると、家族や周囲の人の理解も必要になってきます。まずは、歯科医院できちんとした見積もりをもらい、治療スケジュールなどをはっきりさせてから手術を受けるかどうかを決めるとよいです。

ラグ、カーペットの激安通販サイトを教えてください。

かんたんテント

ホームページ制作 wordpress

ページ一覧

  • TOP
  • 歯科に関してもかかりつけ医を探しておくと便利である
  • 歯並びが気になったら矯正歯科に通おう
  • 予防歯科の重要性について
  • 歯科の思い出について